REALTOKYO CINEMA

リアルトウキョウシネマです。映画に関するインタビュー、レポート、作品レビュー等をお届けします。

Review 52『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』

こころ震える、香港を愛するデニスのうた

文・福嶋真砂代

f:id:realtokyocinema:20210527152109j:plain

©Aquarian Works, LLC

21東京フィルメックス(特別招待作品)にてジャパンプレミアされたドキュメンタリー『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』が劇場公開になる。香港「雨傘運動」に参加し、さらに逃亡犯条例改正反対運動では抗議デモの最前列で香港の自由のために闘った(闘う)人気シンガーソングライター、デニス・ホー。スー・ウィリアムズ監督が長期密着した本作は、2018アルジャジーラで放映され、また東京フィルメックスを含め30カ国の映画祭で上映されているが、未だ香港での上映は難しい状況だ。

f:id:realtokyocinema:20210527152113j:plain

©Aquarian Works, LLC

デニス・ホーのアーティスト人生は波乱万丈のドラマのようだ。いうまでもなく、中国との関係性に翻弄され、香港の変遷の波をもろに受けてきた。15歳でデビューし、満面の笑顔で歌い、スターダムを駆け上がる少女の表情と、大人の顔への変化、そこに何が起こったのかをスー監督はスリリングに迫る。デニスは、カナダに移住した家族のもとを離れ、香港で歌手として生きようと決意した。不安と孤独のなかで憧れの大スター、アニタ・ムイへ「弟子にしてほしい」と2週間おきに手紙を書く。そのがむしゃらな熱意と才能が伝わり無事弟子になり、アニタのツアーやアルバムに参加した。しかし2003アニタが病死し、デニスは糸が切れ、空っぽになった。その後10年間はアニタの影を感じながら活動したが、やがて自分自身のアイデンティティを見つめ直し、「何か」をつかむ瞬間が訪れる。LGBTの活動にも参加し、自身のジェンダー問題に対峙。その心情をまっすぐに歌う<ルイスとローレンス>の透明で切ない歌声に鳥肌がたつ。映画や舞台女優としても活躍し押しも押されぬスターとなったデニス。次第に社会問題に目を向けて活動するようになるが、精神的には不安定だった。近くで見守る盟友アンソニー・ウォンのインタビューによってデニスの人柄と仕事の輪郭がより深まる。香港女性芸能人で初めてゲイをカミングアウトするという大きな決断、そしてアニタを亡くした喪失感からもようやく抜け出すが、次の波が押し寄せる……。

f:id:realtokyocinema:20210527152119j:plain

©Aquarian Works, LLC

香港の中国への返還後、しだいに香港市民の自由が侵されていくという現実。巨大中国マーケットで活動するようになる香港スターたちは葛藤し、デニスもそのひとりだった。やがて香港民主化デモの最前線で座り込み、逮捕され、ブランドスポンサーはことごとく離れた。国連やワシントンD.C.での議会でのスピーチの勇姿もハイライトだ。「香港の現状を知ってほしい。他人事と思わないで」と世界に向けてまっすぐに訴える。ハイテクでキラキラのビッグステージを降り、インディーズ歌手として、観客のすぐ近く、シンプルに語りかけるように歌うデニスに、観客の拍手があたたかい。この拍手こそ正真正銘、香港人の香港愛、自由への希求なのだと実感し、デニスと共に心が震える。ロンドンやニューヨークのライブハウスで歌う姿が猛烈にかっこよく、さらに全編に流れるスー監督とデニスによる選曲の楽曲にも、香港への想いをいっそう掻き立てられる。

f:id:realtokyocinema:20210527152116j:plain

©Aquarian Works, LLC

スー監督が、東京フィルメックスのインタビュー(下記リンク)で触れているが、広東語の語尾の跳ねる音やリズム感、そのユニークな響きに私も昔から惹かれてきた。意味がわからなくてもどこか親しみとユーモアを感じる言語。もちろん香港映画の名キャラクターたちが話す音感が記憶に刻まれているのだろう。多様な文化が共棲し、優雅さと洗練、そしてエキゾチックな猥雑さも混在する、トラムが走る景観も含めて魅力ははかり知れない(嗚呼、いますぐにでも飲茶をしに飛んで行きたい)。すべての香港ラバーと共に、デニスと合唱しよう。香港の不屈の精神にエールを送り、油断ならない状況を注視しつづける。それがいま最低限やれることでしかないのが心苦しい。

Information:

監督・脚本・制作:スー・ウィリアムズ
オリジナル音楽:チャールズ・ニューマン
編集:エマ・モリス、撮影:ジェリー・リシウス
字幕:西村美須寿、字幕監修:Miss D
協力:TOKYO FILMeX、市山尚三、資料監修:江口洋子
配給・宣伝:太秦
2020/アメリカ/ドキュメンタリー/DCP/83分

2021年6月5日よりシアター・イメージフォーラムにて公開

★Q&A @第21回東京フィルメックス

『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』 Denise Ho: Becoming the Song | 第21回「東京フィルメックス」

Review 51『茜色に焼かれる』

自転車をこぐ良子の背中に自分を重ねていた

文・福嶋真砂代

f:id:realtokyocinema:20210516164343j:plain

©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

「まあがんばりましょう」そう言うことで「大丈夫よ」を演じているような主人公の田中良子尾野真千子)は、中学生の一人息子純平(和田庵)を育てるシングルマザー。元官僚の老人が起こした交通事故でロックミュージシャンの夫の陽一(オダギリジョー)を突然亡くした。事故後、加害者からの誠実な謝罪がないという理由で賠償金を拒否、公営住宅に住みながら仕事を掛け持ちして暮らしている。コロナ禍で生業のカフェを手放した。やむなく選んだ風俗業で出会ったケイ(片山友希)と店長(永瀬正敏)の誠実な温かさ、それに比して、パートの花屋の店長から受ける冷酷な(ありがちな)扱いが情けない。いっぽう純平は上級生に因縁をつけられしつこいいじめを受けていた。担任教師の心無い対応に唖然とする。そんな心折れる日々に偶然再会した同級生の男、熊木に惹かれ、良子は風俗店を辞めると言う。店長は「本当に大丈夫なのか?」と心配するが(いやどっちが大丈夫なんだろうと方向感覚を失うけれど)、現実には思わぬ展開が待っていた……。

石井裕也が脚本、編集、監督をした『茜色に焼かれる』は、2020年8月に撮影され、このコロナ禍の閉塞した空気の毎日に一石を投じる力強い作品になった。困難のなかで懸命に生きるすべての人に元気とエールを送る。ただ励ますと言うより、苦しさの「内訳」を数値的に詳らかにしつつ、世の中の理不尽、それも理不尽の極みのようなあの出来事を含めたあらゆる理不尽への激しい憤りと抗議が秘められていると感じる。

■良子の「強さ」はどこから

それにしても尾野真千子演じる良子の凄味。強さだけではなく、もちろん弱いところも見せるとしても、何が彼女をそこまで世の中に抵抗させ、厳しい選択をさせるのか。筋の通らないことを許さない、へこたれない強さの源流を考えると、まず彼女がもともとロックな芝居をする舞台女優であったという描写があり、彼女の未来もそこに導かれていくという流れがある。亡夫のバンド仲間、あるいは加害者側から、悪魔的な誘惑が忍び寄るが揺るがない。ひとに頼らず生き抜くために飛び込んだ風俗は、ひとえに息子を育てるためではある。だが「まあがんばりましょう」と言い続けても限界がある。7年間、お酒を断って泣き言を言わなかった良子は、ついにすべてを打ち明けられる友を得る。コロナ禍の制限下、飲み話すささやかなひとときが、どんなに人間にとって必要な時間か、それだけで明日も生きようと思う人がどれだけいるだろうか。このあたりも、今回、石井監督の憤りと抗議がさりげないがキッチリ表明されていると感じるところだ。

f:id:realtokyocinema:20210516165531j:plain

©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
■存在感を示すオダギリジョー永瀬正敏

もうひとつ、良子ががんばれる理由は、ほかでもなく事故で亡くした「陽一」の存在だ。陽一の遺伝子が受継がれる純平を守り切ること、それは良子の最大のモチベーションだ、なぜなら純平は陽一の息子だから。その説得力を持たせる、ほんの冒頭の数分しか登場しない(ほとんどがロックな遺影)“オダギリジョー”の存在感をあらためて感じるのだ。あるいはラスト近くに男気を魅せる永瀬正敏。変なたとえだが、辛めのピクルスのようにスパイスが効く。そういう意味では、観た後のひと汗かいたようなサッパリ感、コクのあるカレーのような作品なのかもしれない、まったくの個人的な味わい方ですが.....。

f:id:realtokyocinema:20210516165613j:plain

©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

さらにケイ役の片山は最近のドラマ(「探偵☆星鴨」)とまったく違うイメージのギャップサプライズ。まっすぐで繊細、体当たり演技が潔く気持ちいい。また純平役の和田は、オーディション時に声を聴いて石井監督が即決したと完成報告会(下記リンク参照)で明かしたとおり、そのハスキーな声が魅力の逸材だ(変声期のタイミングもミラクル)。

f:id:realtokyocinema:20210516165630j:plain

©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

さて、おそらく良子が「まあがんばりましょう」と呪文のように唱えて自分と周りを鼓舞するのは、四面楚歌のような状況でも、とにかく目の前のことをがんばる、それしか前に進む道がないという決心だ。茜色の夕陽に「焼かれる」ほどいのちを燃やして、前にしか進まない自転車を漕ぎ続ける良子の背中に「自分」が重なっていく。ときには怒り、ときには愚痴り、たまには自分をほめて、前へ行く。たとえ意味なんか見つからなくても。

Information:

出演:尾野真千子 和田 庵 片山友希 / オダギリジョー 永瀬正敏
監督・脚本・編集:石井裕也

『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ:朝日新聞社 RIKIプロジェクト
製作幹事:朝日新聞社 制作プロダクション:RIKIプロジェクト 
配給:フィルムランド 朝日新聞社 スターサンズ
2021年/日本/144分/カラー/シネマスコープ/5.1ch R-15+ 

2021年5/21(金)より全国公開

Review 50『ブックセラーズ』

本のラビリンスへ迷い込む悦楽の時間

文・福嶋真砂代

f:id:realtokyocinema:20210423142442j:plain

(C)Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

ニューヨーク(NY)最大のブックフェアを入り口に、稀少本(レアブック)のラビリンスへいざなうドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』が公開になった。ぎっしり情報の詰まったこの映画を一言で表現するのはなかなか難しいが、「この映画自体が珍しい本であり、真の宝物だ!」という映画評(THE FILM EXPERIENCE)の言葉がしっくりくる。いつも側(ソバ)に置いて何度も読み返したい類の本、ひとつひとつの言葉がまるで宝石のように煌めく本だ。決して難解な世界ではないが迷路のように奥深い。この膨大な情報量は、プロデューサーのダン・ウェクスラー(実際にブックセラーであり多くの稀少本オーナー)の熱量、さらに監督・編集のD・W・ヤングの探究心の現れだ。軽快なジャズのグルーブにのって、起承転結のメリハリよく、時代の変遷に伴いながら「物質」としての本がたどる生命のうねりを感じさせてくれる。いざ魅惑の本の深海へ。

f:id:realtokyocinema:20210502170136j:plain

(C)Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

レジェンドから若手まで、個性的なブックセラーたちほか、多くの文化人、知識人たちが熱く本の魅力を語る。フラン・レボヴィッツゲイ・タリーズなどNYの大物ご意見番の言葉にも出会う。とりわけレボヴィッツの歯にきぬ着せぬコメント、たとえば本への愛ゆえに「(フェアなどで)本の上に濡れたグラスを置く人を死刑にしたい」と漏らす本音や、エンドロール映像に「絶対に人に本を貸さない」と思うに至った実はうらやましいエピソードも最高だ。ほかにも「本で生きるものは、本で死ぬ」、「図書館は永遠、宇宙だ」、「本は読むだけのものじゃない」「SFは森のよう」、「本が死ぬは間違いだ」などなど、名言のシャワーを浴び続け、まんじりともできない。その速度はまさにニューヨーカーが歩くスピード感。旅行がままならない昨今、マンハッタンやロンドンのバーチャルな老舗書店めぐりができるまたとない体験になりそう。

f:id:realtokyocinema:20210502170241j:plain

(C)Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

個人的に圧巻のシーンは、「ウォーカー人類想像史図書館」という不思議空間に迷い込んだかのような美しい図書館。しかしそんな「宝物」を守る彼らに忍び寄る数々の難題がある。すなわち、ブックセラーの高齢化や後継者の問題、さらに業界の男女格差(少しずつ変化しているようだが)、またデジタル化による紙文化の危機など現代的な重要課題が山積している。アメリカ版「お宝探偵団」番組の人気MCでブックセラーのレベッカロムニーのマシンガントークな解説に耳を傾ける。さらに現在ビル・ゲイツが所有するレオナルド・ダ・ビンチの「レスター手稿」または「ハマー手稿」、また「不思議の国のアリス」の手稿の話など、世界に存在する貴重な知的財産にお目にかかれる。

さらに興味をそそるのは「エフェメラ*1と呼ばれる、手紙や写真、はがき、ポスター、チケット、パンフレット、チラシ、マッチ箱など、つい捨ててしまいそうな、しかし時代を越えて価値が生まれるものの「生命力」の話。あのチラシやあのポスター、自宅の捨てるに捨てられないガラクタのあれこれが目に浮かぶ。ところで映画の中にこんな言葉がある「世の中はコレクターと、非コレクターがいる」と。どっちが良いというのではなく、何かしら生来の気質のようなものかもしれない。さて、あなたはどちらだろうか……。

Information:
監督:D.W.ヤング
プロデューサー:ダン・ウェクスラー
製作総指揮&ナレーション:パーカー・ポージー 

原題:THE BOOKSELLERS/アメリカ映画/2019年/99分
配給・宣伝:ムヴィオラミモザフィルムズ

2021423日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK吉祥寺ほか全国順次公開

*1:

書籍のような長期に使われたり保存されることを意図した印刷物と異なり、一時的な筆記物および印刷物を指す(プレス資料より)

 

Info 『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』作品評掲載のお知らせ

f:id:realtokyocinema:20210327112832j:plain

(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメントビターズ・エンド)

池田暁監督の『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』は昨日(3/26)公開。鼎談「前原滉×きたろう×池田暁監督」と共に拙作品評「未来の選択肢は 自分の手のなかに」がキネマ旬報4月上旬号に掲載になりました。池田作品の魅力と「おっとりのなかの恐怖。蝶が何かを告げに来た?」などを書いています。ぜひご一読下さい。

***

「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」
鼎談 前原滉×きたろう×池田暁[監督] ■長野辰次
作品評 ■福嶋真砂代

f:id:realtokyocinema:20210327153850j:plain

www.kinejunshop.com

www.bitters.co.jp

Review 49『春江水暖~しゅんこうすいだん』

古今が溶けあう、壮大な人生の絵巻物のはじまりはじまり

文・福嶋真砂代

f:id:realtokyocinema:20210210161816j:plain

©2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

■春江の魚のスズキと、市井の人々

話題の『春江水暖~しゅんこうすいだん』がいよいよ日本公開に。中国の新鋭、グー・シャオガン監督の長編デビュー作にして、カンヌ国際映画祭(2019)批評家週間のクロージングを飾った作品。第20回東京フィルメックス(2019)のジャパンプレミアでは、ため息がでるほどの映像美と、カメラが横移動する比類のない長回し(「横スクロール」とグー監督が命名)、とりわけ富春江で泳ぐシーンに驚嘆した(映画祭Q&Aレポート)。またほとんどの登場人物がグー監督の親類や近所の人たちであると明かしたときの会場のどよめきも忘れられない。それほどリアルで味のあるキャラクターが息づいていた。グーは「レストラン(シーン)で春江の魚のスズキが出てくるように、市井の人々をリアルに描きたい」という狙いがあるキャスティングなのだとQ&Aで語った。

f:id:realtokyocinema:20210210162749j:plain

©2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

杭州市の富陽(フーヤン)を舞台に、夏から秋、そして冬から春へと移り変わる富陽の景色のなかで、祖母を中心とするひとつの大家族を描く。3時間の長尺もまったく飽きさせない風光明媚なロケーション、絵巻物のような、ダイナミックな横移動のロングテイクに加えてロングショットも存分に生かされる。富陽の名画「富春山居図」に着想を得たという山水画の世界と、中国の人気ミュージシャンのドゥ・ウェイによるアンビエント音楽が化学変化を起こし、過去と現在が交差する瞬間がときにストップモーションに感じるような時間感覚がある。グーは「古典を現代に融合させる試みががいちばん苦心したところ」と述べている。

f:id:realtokyocinema:20210210162627j:plain

©2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

物語のはじまりは、家長である祖母の誕生日に家族が一堂に集うにぎやかな宴会の席。いかにも中国らしい大家族の円卓風景をよくみると、三世代にわたる「家族構成」が興味深く浮きでてくる。祖母の息子たちの四兄弟がいて、それぞれに家族があり、それぞれ悩ましい“事情”を抱えている。祖母ユーフォン(ドゥー・ホンジュン:プロの女優)はじめ、長男ヨウフ(チェン・ヨウファー:監督の叔父)、次男ヨウルー(ジャン・レンリアン:知り合いの漁師)、三男ヨウジン(スン・ジャンジエン:監督の伯父)とその息子カンカン、四男ヨウホン/ラオシャオ(スン・ジャンウェイ:監督の伯父)、その妻たち、そして長男の娘のグーシー(ボン・ルーチー:舞台女優)と恋人ジャン(ジュアン・イー:グーシーと実際のカップル)らが主要人物となる(祖母とグーシーにプロの俳優をキャスティングしたところもニクイ限りだ)。

f:id:realtokyocinema:20210210162715j:plain

©2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

長男夫婦が経営するレストランで誕生日を祝った直後に脳卒中で倒れた祖母を、誰がひきとって面倒をみるかという問題が起こる。しかし兄弟たちはそんなに簡単にはひきとれないという複雑な空気が漂う……。老後、借金、新旧の価値観、そして恋愛と結婚。中国の現代的テーマを具体的なエピソードに落とし込み、中国の大きな変化を象徴する「再開発」という現実を巧みに「絵巻物」の背景に織り込んでいく。グーがインスピレーションを得たというジャ・ジャンクー監督『山河ノスタルジア』(2015)や、未公開だがロウ・イエ監督『シャドウ・プレイ』(2018)のように、「この中国の変化を撮らずにはいられない」衝動に突き動かされ、本作は絵巻物の中の様々なレイヤーが立体的に浮き出てくるような、じつにユニークな形態で「変化」の様を記憶に刻もうとしている。

f:id:realtokyocinema:20210210162855j:plain

©2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

■中国の第8世代

エドワード・ヤンホウ・シャオシェンという台湾の名監督たちに影響を受けたという映画の佇まいはすでにベテラン感を感じさせるが、グーは現在33歳。『ロングデイズ・ジャーニー この世の果てへ』や『凱里ブルース』のビー・ガン監督の活躍をみてもすでに中国は第8世代が(ピエール・リシェントのコラム「中国の第8世代」によると)"産声をあげ”ている。ところでビー・ガン作品とグーの作風はまったく異なるのだが、驚異の長回し、アマチュアのキャスティング、そして故郷がロケ地、という3点で共通している。理由としてコスト面のメリットももちろんあるが、この手法は「等身大の自己回帰」という点で世代の特徴が色濃いように思う。

f:id:realtokyocinema:20210210162815j:plain

©2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

さて、カンヌ上映の前から映画の存在を監督から知らされていた市山尚三氏(東京フィルメックスディレクター)は、本作の上映を即決したとフィルメックスで語っていた。海外映画祭でよく見かける市山さんに、親しみをこめて「野菜買いおじさん」という愛称をつけていたというエピソードを披露したグーの、独特の観察力やユーモアセンス、さらに日本愛好家(アニメ好き)であることをオープンにする親しみやすい人柄のすべてが、この作品の品格、そして温かみを物語る。「巻一完」となるエンディングに、早くも「巻二」を待望するワクワクが止まらない(三部作の予定があるという)。

Information:

監督・脚本 : グー・シャオガン
音楽 :ドウ・ウェイ
出演:チエン・ヨウファー、ワン・フォンジュエン
字幕:市山尚三、武井みゆき/字幕監修:新田理恵
配給:ムヴィオラ
中国映画 / 2019 年 /150 分

211日(木・祝)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

参考サイト:

www.reallylikefilms.com

新しい時代をつくる映画を見逃すな!『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』 | Numero TOKYO