REALTOKYO CINEMA

リアルトウキョウシネマです。映画に関するインタビュー、レポート、作品レビュー等をお届けします。

Info『アンコール! アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2016』

f:id:realtokyocinema:20161212175855j:plain

アピチャッポンの森へ行こう

映画監督で美術作家でもあるタイの奇才、アピチャッポン・ウィラーセタクン。今年は空前のアピチャッポンイヤーだ。1月には『世紀の光』の公開と『アピチャッポン イン ザ ウッズ 2016』(1.9 - 2.5)が開催、また3月には『光りの墓』の公開された。さらに1213日から東京都写真美術館で展示「アピチャッポン・ウィラーセタクン  亡霊のたち」(12.13 - 2017.1.29)が始まり、さらに12月17日からは『アンコール! アピチャッポン イン ザ ウッズ 2016』が待ちかまえ(12.17 - 2017. 1.13 9作品)、まさにアピチャッポン祭り! 今年公開の2本を見逃した人も、過去のアピチャッポン作品を見逃している人も、観ていた人はもう1回、どっぷりとアピチャッポンのユニークなあったかくて柔らかく、土の匂い、森の匂いが満ち溢れ、異界との境界線が薄れていく不思議な時間と空間に浸かりたい。この『アンコール!特集』では、『光りの墓』や『世紀の光』の舞台となっているアピチャッポンの故郷、イサーンを描いた2本、『トーンバーン』と『東北タイの子』が上映がある。これらはこれまでなかなか観る機会がなかったもので、今回は特に見逃せない。忙しい年末年始になるので風邪をひかないように...。

✳️公開時、それぞれの作品に寄せたレビューは以下に。

●『光りの墓』

f:id:realtokyocinema:20161212163309j:plain

(C)Kick the Machine Films/ Illuminations Films

眠り病にかかった兵士たちが隔離され、光と色の治療を受ける仮説病院。患者のイットの世話をするジェン。また超能力を持つ女性ケンもいる。その場所にはかつて王様の墓があったというが、奇病との関係は? ニュース記事からヒントを得たというアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が強い影響を受けた土地、タイ東北部のイサーンを舞台に、記憶、夢、眠り、前世、魂の交信と興味深いモチーフを織り交ぜて描き出す。常連キャストに加えて現地のアマチュア俳優も起用、さらにメキシコの撮影監督ディエゴ・ガルシアとの初コラボで映像の旨味が倍増している。神秘的に色が変化する光の治療シーン、観ているうちにじわじわと変化が。By 福嶋真砂代  March 22, 2016

http://www.realtokyo.co.jp/events/view/43374

●『世紀の光』

f:id:realtokyocinema:20161212180025j:plain

(C)2006 Kick the Machine Films

映画作家にして美術作家、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の幻の傑作(2005)が日本初公開に。『ブリスフリー・ユアーズ』が「私についての映画」であれば、こちらは「父と母についての映画」なのだとか。前半パートは自身の故郷コーンケン(タイ北東部)を再現、地方病院のシュールな時間が映され、子どもの頃の記憶から生まれたギターを弾く僧侶や歌う歯医者が登場する。後半は近代的な白い病院。病院の地下で行われる太陽のパワーをチャネリングするチャクラ施術にもなんだか惹かれる。 アピチャッポンにとって記憶は映画の本質。魂の永遠を表現する試みは常にユーモアとシュールが入り混じり、興奮を呼ぶ。By 福嶋真砂代  January 7, 2016

http://www.realtokyo.co.jp/events/view/42976

f:id:realtokyocinema:20161212185720j:plain

《ゴースト・ティーン》 2009 年 インクジェット・プリント

 

 

REALTOKYO | イベント情報 | アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016 アンコール!

 

ブンミおじさんの森 スペシャル・エディション [DVD]

世紀の光 [DVD]

光りの墓 [DVD]